最新の知育玩具情報まとめ

このサイトでは、知育玩具と呼ばれる知能全般の発達を促す事を目的としたおもちゃについて様々な情報を紹介しています。
ぬいぐるみやガラガラなどいわゆる普通の楽しむためのおもちゃとの違いは、自分で考えたり何かを作り出したり、指の運動を促すなどして知能を発達させることを目的に作られている点です。
パズル、ブロック、五十音順やアルファベットの表、DVD、電子機器など子供の年齢に合わせた様々なものが発売されています。

レンタル知育玩具で子供の成長を促進!

レンタル知育玩具で子供の成長を促進! インターネットで知育玩具を検索すると、膨大な数の商品が紹介されています。
もちろんすべてを買い与えられれば最高ですが、金銭的な面からもスペース的な面からもそれは不可能でしょう。
年齢や性別のカテゴリーだけでも様々な知育玩具が開発されていますが、それらの条件が合っていてもお子さんの好みもあります。
せっかく買ったのに興味を示さない、すぐに飽きてしまったなどはほとんどの親御さんが経験しているのではないでしょうか。
成長に合わせたより多くの知育玩具に触れさせるには、レンタルも上手に活用することをお勧めします。
ブロックなど汎用性があって何年も使えるものは買う、型はめなど1年程度しか使わないものはレンタルなど、使い分けの基準を決めておけばスムーズに選ぶことができます。

レンタルできる知育玩具のラインナップとは

レンタルできる知育玩具のラインナップとは 知育玩具は多くの種類が存在し、子どもの成長によって求められる能力が変わります。
できるだけ様々な玩具に触れさせてあげることで、多様な刺激や体験を与えることができます。
しかし、成長に合わせてすべて購入するのは難しく、大型タイプは収納場所の用意も行わなければいけません。
レンタルサービスでは、海外の珍しいおもちゃをはじめ、値段が高いブランド品なども取り扱っているのが魅力です。
ラインナップは年齢が月齢によって変化し、0歳から1歳では主に叩く・握るといった動作で何らかの反応を得られる玩具が多く見られます。
ガラガラとも呼ばれ、握って振ることで音がでるラトル、吊り下げ式のモニュメントで目で追って楽しむモビールなどがあります。
また、大型玩具としては、寝ながら手を伸ばし玩具に触れられるベビージムは、赤ちゃんの活動時間をよりアクティブにすることが可能です。
1歳から2歳では、手先を使った細かな動作の訓練や、行動に何らかの結果を得られる知育玩具が中心となります。
立体形状を識別させる能力を鍛えるための型はめは、伝統的な知育玩具の代表です。
ワイヤーとビーズの組み合わせで集中力や空間把握能力を向上させるルーピング、想像力を高めるおままごとアソートなどがあります。

知育玩具は大人もハマるものがあるほど豊富

知育玩具というと、子供の成長と精神に関わるとても重要なアイテムと考える人もいます。おもちゃでありながら、それを使うことで精神的にも頭脳にも良い影響を与えることが可能なアイテムなので、大人でも楽しめるものが沢山あります。最近は大人が楽しめるように考えた知育玩具も種類が増えて、親子で一緒に遊んで学習するタイプも人気だということです。
知育玩具には日本製のもの以外にも海外製のものが色々とあり、年齢に関係なく「一緒にやること」が大切になるものもたくさんあります。たとえばコマを使ったものといえば、日本だと何が考えられるでしょうか。ゲームやおもちゃをどうやって「工夫するのか」を考えて遊べることで、子供が頭を使える時間を増やすことが可能になります。知育玩具はコミュニケーション能力を発達させる役割もあるので、積極的に取り入れたいおもちゃだと言えるでしょう。知育なので頭脳を育てるためにも、一緒に遊べるものを選ぶことをおすすめします。

いつまでも長く健康でいてもらうためには知育玩具を使用しよう!

"愛するペットとはずっと長く一緒に暮らしていきたいものですが、その為には日々の健康管理や食事管理をもっと丁寧に行っていくことが大切になります。特に食事面に関しては非常に重要になってくるので、日々与える食事の質などは徹底した方が良いとされています。
また、食べ物を与える際に同時に学びを覚えられる商品を使用することで、毎日の栄養管理に知育要素を取り入れることができるようになるのでおすすめです。その画期的な方法とは、知育玩具を使って頭を使いながら食事ができるように仕向けてあげることになります。
知育玩具について詳しく説明していくと、餌をただ漠然とあげることをやめて知能を使って実践できるように開発された全く新しい玩具のことです。複数の突起物が付いていたり、回転させて回さないと餌が出てこない仕組みになっていることがあるので、このような商品を使うことで柔軟なトレーニング要素を加えることができるようになりました。

海外製の知育玩具のメリットと注意点について

海外製の知育玩具を使うべきか悩んでいる親御さんも多いのではないでしょうか。結論から言うと海外製の知育玩具を使うメリットはあります。しかし、注意すべき点もあるのでその点は踏まえておきましょう。大きなメリットとして挙げられるのが枠にハマらない知育が出来るということです。日本製の知育玩具は精巧であり、安全性も高いので使い勝手がいいですが、海外で作られたものの方は常識に縛られない作りになっています。刻一刻と変わる世界の中で突飛な発想が求められるようになってきているので、常識に縛られない作りの玩具の方が刺激になります。ただし、海外で作られたものは日本の安全性基準を満たしているとは限りません。そのため、日本製のものに比べて一層注意して扱う必要があります。購入の際にはレビューなどをよく読み問題がないかを確認しておきましょう。安全性にさえ気を付けていれば非常に便利であり、情操教育にとても役立つものとなっています。

知育玩具は乳幼児の成長に大きな貢献をしてくれます

遊びを通して学ぶことは、子どもの成長にとって重要な要素であることが研究により明らかにされています。子どもに十分な遊び時間を確保することは、子どもが余分なエネルギーを発散するために家族にとって大きなメリットですが、子どもは乳幼児期から遊びを通して自分らしさを発見し始めます。発達の初期段階から、子どもは周囲を見たり、取り入れたりするだけで、心が広がっていくのです。
知育玩具を使うことで、子どもたちは人生で必要となるさまざまな能力を身につけることができます。問題解決能力を養い、原因と結果を教えることが可能です。共有することを学び、運動能力を高め、創造性や想像力を養うことができます。
知育玩具の効果は、早ければ生後1カ月から発揮されます。幼いうちは感覚を刺激する遊びをすることで、乳幼児の感覚を刺激することができます。成長して手と目のコーディネーションができるようになると、ご家庭ではより相互作用を促進するようなおもちゃを導入することができます。お子さまがより活発になるにつれて、問題解決のための知育玩具を取り入れることをおすすめします。このようなおもちゃは、原因と結果に慣れ親しみ、衝突を解決する手助けをします。また、試行錯誤しておもちゃの仕組みを理解できるようになると自信もついてきます。その他にも、動きを促進するようなものを紹介するとよいでしょう。

知育玩具の教材、商品を選ぶ際に抑えておくべきこと

"お子さんの成長に欠かせないのが、知育玩具です。
子供時代に沢山の学びに触れることは、その後の将来に大きく影響してきます。様々な教材や商品も販売されているので、お子さんに適した知育玩具を選ぶことが重要です。当然ですが玩具によって、得られる知識が異なります。子供時代から英語に触れさせたいのであれば、英語力を高める玩具。想像力豊かな大人に育ってほしいと願う場合は、それに適した玩具があります。知育玩具の特徴を知ることによって、効果的な学習を行う事ができるので、特徴を知ってから購入をしましょう。
また特徴だけではなく、年齢別で知育玩具を選択しましょう。教材や商品には対象年齢が必ずと言ってよいほど記載されています。対象年齢に該当していない玩具を選んでしまうと、お子さんが楽しく学べない可能性や、学べる知識も学べなくなってしまう恐れがあります。そのような事も踏まえて、年齢に合った玩具を選ぶことも非常に重要であると言えます。

知育玩具は子どもの様々な才能を伸ばすのに役立つ

知育玩具とは、考え工夫しつつ遊べるおもちゃのことで、子どもの集中力や創造力を刺激し知能を高めるのに役立つとされています。子どもの才能や素質を伸ばせる役割も期待でき、近年特に注目を集めているのが特徴です。
教材として活用できる種類は、ひらがなを覚えたり計算する力を付けるもの多く、おもちゃで遊びながら自然と国語や算数を学ぶことができます。
楽しんで学べるため、子どものモチベーションが高いまましっかり学習になるのが魅力です。知育玩具はIQを伸ばす効果も期待できるとされ、自立心を高めたり、自制心が鍛えられることで情緒を安定させるのに役立ちます。
様々な才能を伸ばすためには、子どもが興味を持ち積極的に遊ぶ知育玩具を選ぶ必要があります。そのため、大人が選ぶのではなく子どもの意見も採り入れながら製品を選択しましょう。
対象年齢や推奨年齢の確認も大切で、簡単すぎず難しすぎない、年齢に合った知育玩具が必要となります。

空間認識能力を育てることができる知育玩具

知育玩具を使用すれば、子供の空間認識能力を育てることもできます。空間認識能力とは、スペースに存在している物体のことを正確に認識できる能力のことです。
人間には生まれつき、このような力が備わっています。空間を認識できる力があることによって、人間はスペースの中に存在している物体が、空間の中のどのような位置にあるのかを知ることができます。
この力を使用することによって、スペースの中に存在する物体がどのような形をしているのかも認識することが可能です。
空間の中に存在する物質のサイズを知るためにも、こうした力は活用されています。スペースの中に存在する物質が、空間の中でどのように動いているかも、この能力により把握できます。
知育玩具を使用して空間を認識する力を育てることにより、子供のさまざまな能力も一緒に向上させることが可能です。
スポーツをする時にもこの能力は必要になり、有名なスポーツ選手の中にもこの能力が高い人は多くいます。

簡単にプログラミングを学習するための知育玩具

皆さんの中に、「自分の子供にプログラミングを出来るようになってほしい!」と考える人もいるのではないでしょうか。
しかし、初心者、かつ子供なのに最初からコードを書くことはかなり難しいです。そこで、知育玩具を使用した学習方法があります。
その玩具を使えば、実際にパソコンを使用しなくても学習をすることが可能になります。また、知育玩具であることから、誰でも簡単に理解できるようにするために、シンプルな作りになっているものがほとんどです。
その為、小さい子供でも簡単に学習に取り組むことが可能です。そのような知育玩具を使用した体験をすることで、実際のコードを書くことへの意欲につながり、将来パソコンを使用できるようになった際に、自らプログラミングに取り組んでくれると考えられます。
これらのことから、知育玩具を使用することで、小さい子でも簡単に学習に取り組むことが可能で、将来の自分につながるということが分かります。

教育機関のプロの目で見た知育玩具選びに注目

様々な知育玩具がある中で、教育機関のプロの目で見ておすすめのものを使うことができる機会を作ることも大切です。
教育のプロが監修したものは、しっかりと学べる様々な工夫がされていることも知ることができます。おもちゃのサブスクもあり、子育てのプロが監修するサービスを選択することもできます。
料金が少し高くなったり、自分からリクエストしておもちゃを選択するのが難しいデメリットがあっても、子育てのプロ監修のおもちゃは信頼感を持てます。
なぜ、今の年齢の子供にそのおもちゃがおすすめなのかを知ることができるので、子育てのプロ監修に注目です。子育てに関するおすすめのことがたくさん紹介されているなど、とても参考になるので、どんな人が監修しているかをチェックしてみることをおすすめします。
知育玩具を使う前に、親自身が子供にどんな良い影響を与えられるかを知るきっかけにもなるため、情報をチェックしていくことも大切なポイントです。

サブスクならば様々な知育玩具を使用することができる

知育玩具はおもちゃで楽しく遊びながら、工夫する力や想像力など知能を育てることができるのが特徴です。注意点として、子どもの発育に合った種類を選ぶ必要があり、また自然と興味を持って接するものを与えることが大切となります。
そのため、せっかく子どものためにと購入した高価な知育玩具が、短期間しか使用できなかったり、そもそも興味を引かない可能性もあります。
そんな知育玩具を効率よく選ぶ手段として、サブスクを利用する方法が存在します。サブスクでは、2ヶ月や3ヶ月など決まったサイクルごとに新しい玩具が配達される仕組みで、様々な種類の知育玩具を子どもに遊ばせることが可能です。
日本では手に入りづらい海外の珍しいおもちゃや、高級ブランドの玩具などをラインナップに加えている会社もあり、便利に利用できます。
基本的に中古品となりますが、期限が来て回収されたおもちゃは安全な洗剤でしっかり洗浄されるので、安心して使うことができます。

話題の知育玩具を買うなら注目度の高い商品を選ぼう

子供のうちは様々なものに触れさせて自由に遊ばせてあげることがとても大切になってきますが、ただ目的もなく遊ぶだけでは十分な学びを得ることができないため、もっと遊ぶだけではなく同時に豊かな発想力や想像力も身に付けていけるような知育玩具を購入してみることをおすすめします。
最近何かと注目されてきている知育玩具の存在になりますが、使用することで頭を鍛えることができるようになったり、自分で考えて決めていくことが可能になるので発想力も存分に磨くことが可能になります。
遊ぶだけで色々な学びができるのであれば正に一石二鳥と言えますし、知育玩具自体の商品のバリエーションが年々増加しているため、飽きずに長く遊べるような商品を確実に見つけ出せるようになるところも魅力と言えるでしょう。
ただし、注目度が高くて口コミでの評価も良いものを買うようにしないと失敗する恐れが出てきてしまうので、買う前には必ず口コミを見るようにするか、便利なサブスクを利用していくのが良いと言えます。

知育玩具を小さい子供に与える理由を知ろう

子どもの成長にはおもちゃは欠かせない存在です。そしておもちゃにも様々な種類があります。
知育玩具は子どもの成長と発達に多くの利点をもたらします。これらの玩具は遊びの中で楽しみながら、様々な能力を育んでいきます。
まず、知育玩具を与える理由は遊びを通じて子どもの知識や学習能力を促進します。形や色を認識するパズルや積み木は、視覚的な認知能力を養うのに役立ちます。文字や数字を楽しく学べるタイプなら、言語や数学の基礎を身につける手助けをします。
さらに、知育玩具は想像力や創造性を刺激します。子どもたちは遊びながら自分の考えや感情を表現し、新しいアイデアを生み出すことができるようになります。模造遊びをすることで社会性やコミュニケーション能力も発展させます。
それにこうしたタイプのおもちゃは、問題解決能力や手先の器用さを養うのにも役立ちます。例えば、ゲームや工作キットは論理的思考や細かい動作を必要としますので、子どもたちの集中力や忍耐力を育むのにも役立ってくれます。

おもちゃで悩んだら知育玩具のサブスクリプション

小さな子供のいる家庭では、毎日片付けても片付けてもキリなく部屋中におもちゃが散らかる現象が起きてしまいます。
収納スペースを用意していても、使ったら元に戻すというのは小さな子供にとっては難しいのではないでしょうか。一定の量におもちゃを減らすことができれば片付けが楽になりますが、成長が著しい子供の好奇心を制限したくはないもの。
そんな時は知育玩具のサブスクリプションが良いかもしれません。サブスクリプションとはレンタルサービスのことで、毎月、2ヶ月ごとなど契約したサイクルで定額料金を支払い続ける限りサービスが受けられるというものです。
知育玩具のサブスクリプションはさまざまな会社が提供しており、インターネットなどから申し込み利用することができます。
定期的に月齢や年齢に適した知育玩具を届けてくれるため、子供も新鮮な気持ちで楽しく遊べ、不要になれば返却となるため家の中に物が増えることもありません。知育玩具のサブスクリプションは、ママも子供も嬉しいサービスです。

知育玩具を使う一番の目的とは?その良さについて解説!

今は能力がある人ほど生きやすい世の中になってきているので、将来子供が大人になった時にいくつもの選択肢が残していけるように、小さいうちから学ぶことの楽しさを覚えて積極的に脳を鍛えることを考えてみてはいかがでしょうか。
小さいうちは遊ぶのが一番の仕事だと言われていますが、脳を十分に鍛えることができるのも柔らかい柔軟な発想を持てる3歳から5歳までの間だと言われているので、その期間に高性能な知育玩具に触れさせることを積極的に行うのが良いとされています。
知育玩具を使用する一番の目的に関しては、柔軟な考え方を養って自分自身で物事を決めることができるようになることはもちろん、様々な想像力を養うことが可能になるので豊かな考えも同時に身に付けることができるようになります。
誰にも考えつかないような珍しい商品を生み出していける確かな想像力や発想力を培うことができれば、将来的に起業して自分の会社を起ち上げる能力も持てるようになるので非常に大切です。

知育玩具のコンセプトと実際に子供に与える影響

おもちゃにもたくさんの種類がありますが、子供が欲しがるだけでなく親も与えたくなるものに知育玩具があります。
コンセプトとしては子供の発想力を鍛える、ひらめきを生み出す子供に育ってほしいというもので、その力を育ててくれます。
ルールがなく自由にしていいブロック形のおもちゃが知育玩具なのですが、こうしたものは小学校高学年以降ぐらいになると得手不得手が明確になってくるものです。
何でも作っていいよと言われて材料を渡されても、動ける人と動けない人とが出てくるという事で、それを小さいうちに鍛えるものが知育玩具なのです。基本的にアイテム数が多く頑丈で、様々な組み合わせに対応しているため高額なおもちゃに数えられます。
子供の頃から慣れ親しんで、ずっと壊れず使っている子も多いのではないでしょうか。この知育玩具を数年おきに新しいものに買い換えてもらい、その都度新しい発想を働かせて鍛えてきた子供は、実際のところ発想力が豊かに育つ可能性は高くなるはずです。

知育玩具の情報サイト

知育玩具 レンタル

新着情報

◎2024/1/16

情報を更新しました。
>話題の知育玩具を買うなら注目度の高い商品を選ぼう
>知育玩具を小さい子供に与える理由を知ろう
>おもちゃで悩んだら知育玩具のサブスクリプション
>知育玩具を使う一番の目的とは?その良さについて解説!
>知育玩具のコンセプトと実際に子供に与える影響

◎2023/03/17

情報を更新しました。
>知育玩具は子どもの様々な才能を伸ばすのに役立つ
>空間認識能力を育てることができる知育玩具
>簡単にプログラミングを学習するための知育玩具
>教育機関のプロの目で見た知育玩具選びに注目
>サブスクならば様々な知育玩具を使用することができる

◎2022/5/30

情報を追加しました。


>知育玩具は大人もハマるものがあるほど豊富
>いつまでも長く健康でいてもらうためには知育玩具を使用しよう!
>海外製の知育玩具のメリットと注意点について
>知育玩具は乳幼児の成長に大きな貢献をしてくれます
>知育玩具の教材、商品を選ぶ際に抑えておくべきこと

◎2020/6/15

基準をクリアした安全な知育玩具
の情報を更新しました。

◎2020/4/24

知的好奇心は玩具で養う
の情報を更新しました。

◎2020/2/20

知育玩具で子供の脳の発達を促す
の情報を更新しました。

◎2019/12/18

知育玩具で感性を育てる!
の情報を更新しました。

◎2019/9/24

足を使う力をアップ
の情報を更新しました。

◎2019/8/30

サイト公開しました

「玩具 成長」
に関連するツイート
Twitter

鈴木おさむ氏が岡村靖幸氏との対談で「今の20代は40代から教わりたい事など何一つ無いんです。」と言葉にし、岡村氏は「幼稚化が加速している気が。」と言葉にしています。悪い大人/格好良い大人に憧れて、自分を勝手にある意味戒めて成長してきたのが昭和の男達、やはり玩具が趣味というのは口に(続)

おもちゃサブスクレンタルで知育玩具比較して探してる人にはおすすめね🦩 ベビー 乳児 新生児 月齢など0~6歳までの積み木 磁石 数字 勉強 パズル つまむ ブロック 立体 鍵開けるおもちゃなど種類も豊富だし、成長に合わせて毎回プロが選定して貸出してくれるし助かる💐 [PR]

返信先:他1ついでに言えばそれでカラーに貢いだお金で、教祖はウルトラマンとか仮面ライダーの大人用子供の玩具を買ったりするわけで。どうみても教祖の成長を妨げてるだろう(笑)

現パロ監禁、🔔ちゃんの成長をまとめた途中までは健全なアルバムがあると思うんです……でも、10歳くらいの頃から指や細い玩具で慣らされてたりする写真が出てくるから☔は見れない。14歳くらいからは最中だったり一人で気持ちよくなってるときの盗撮写真も出てくる。 そのうち☔のも作られるよ…

おもちゃサブスクレンタルで知育玩具比較して探してる人にはおすすめね🦩 ベビー 乳児 新生児 月齢など0~6歳までの積み木 磁石 数字 勉強 パズル つまむ ブロック 立体 鍵開けるおもちゃなど種類も豊富だし、成長に合わせて毎回プロが選定して貸出してくれるし助かる💐 [PR]